骨の髄まで慯い

音楽馬鹿の節約生活

折りたたみ自転車で北海道から東京へ向かった。自転車のカギへの苦悩編。

noteでブログマガジン連載してます

note.mu

 

↑の逆ルート 

calcium.hateblo.jp

 

番外編 1

calcium.hateblo.jp

 

番外編2

・・・・

 

 

 

自転車のカギへの苦悩編。ということで私はいくつものチェーンロックを購入してきました。

ロングライドをしていく中で次々と壊れていくチェーンロック達……。

その数々を紹介していこうと思います。

 

自転車のカギとして最強なのはU字ロック。

しかしながらやはり重量が重いのでロングライドには向きませんでした。

あと、鍵穴に砂が入ったのか錆びたのかわからないですが、鍵が回らなくなってしまって道中で捨てました。

 

このU字ロックと一緒にもっていったのがこのチェーンロックだったのですが、結論から言うと鍵をなくしてしまったので野宿しているときに切りました。

これは鍵穴がスライド式の蓋があるタイプなのでカギが入らなくなったり回らなくなったりしたことはなかったのです。

ABUS(アブス) 1500/110 WHT

 

上記二つは東京から北海道への行きで使用したもので、北海道の長万部からゴールの札幌まではロックがない状態で野宿をしてました。でも盗まれたりすることはなかったので良かったです。

 

 

そして、帰りのルート。札幌から東京への道では下の二つを併用していきました。

 

 

INBIKE(インバイク)チェーンロック 100cm (CL206-0.8m)

 

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) カラビナ コンビネーションロック LKW21902

 

インバイクのほうは写真に見えるダイアル式ではなく、キーロック式を購入しました。

こちらもキーシャッター機構がついていて鍵穴に砂や水も入ることがないのでカギがだめになるということはないと思っていたのですが駄目でした。

なぜかカギが刺さったまま抜けなくなり、無用の長物と化しました。

 

ワイヤーロックのほうはダイアル式なのでそんなことはならなかったのですが、あまりにも細いのであまり意味はないと思います。

ただ、軽いので荷物の重量を少しでも減らしたいロングライダーにはいいかもしれません。

 

これまで使用したチェーンロックは重さも適度で、頑丈そうではあるので良かったのですが、こう何度も鍵穴がダメになるとちょっと考えものです。

 

ダイアル式だと鍵をなくすというリスクは減るのですが、どうにも一々ダイアルを回して解除するのがめんどくさくて好きではないのです……。

 

折りたためばテントに入るのですが毎回、野宿というわけでもないのでやはりカギは必要。こんごもいろいろ購入してロングライドに向いている鍵を見つけていきたいと思います。

 

 

 ちなみに、ヘルメットはこれを使用中。

 

OGK KABUTO(オージーケーカブト) CLIFF[クリフ] マットブラック FREE

 

 正直、蒸れるし重いし使い勝手は悪いのですが安いので使ってます。

今のところ不便はないかな……。

 

 

以上、番外編第3弾でした。

 

 

noteでは東京から北海道へ向かった実録が連載中です。

note.mu

 

 

逆ルートの北海道から東京へはこちらからどうぞ

 

calcium.hateblo.jp