骨の髄まで慯い

音楽馬鹿の節約生活

折りたたみ自転車で北海道から東京へ。自転車紹介編

次:

calcium.hateblo.jp

 

 

 

こんにちは

短く自己紹介をすると、普段は短い物語を書いてリハビリしたり、音楽で食っていこうと試行錯誤したり、ブログではうまく生きるコツを紹介したり、最近は自転車で遠くまで行くのが趣味になっている。働く意欲がない若者です。

 

そんな私は、ふと思いたち東京から北海道札幌市にある実家まで自転車で1000キロの道のりを走りきりました。

その実録についてはブログマガジン形式でnoteの方に掲載されていますのでぜひご覧ください。

 

note.mu

 

 

このブログの方では、その旅の帰り道。つまりは、北海道札幌市から東京までの道のりをスピンオフ形式で掲載していこうと思います。

 

そして今回はその準備編といたしまして、実際に使用した自転車を紹介をしていこうと思います。

もしも、ご覧になっている方の中で自転車の旅をしてみたいと考えている方は参考にしてみては如何でしょうか。

 

 

 

それでは、メイン機材である自転車になるのですが

私が使用した自転車はマウンテンバイクと呼ばれる種類の自転車で、一般的なママチャリと同じサイズの26インチのタイヤを装着することができ、さらには車体を折りたたみコンパクトにすることもできるという代物です。

ブレーキ、シフトギア、タイヤやサドルなどについては特に変更することはなく購入したままで出発したので詳細情報についてはこちらをご覧ください。

 

www.amazon.co.jp

 

Paratrooper | Montague Bikes

 

 

早く走ることを目的とするとロードバイククロスバイク、長い時間快適に走ることを目標とするならばランドナーと呼ばれる種類の自転車を選択するほうが良いのですが、私はこのモンタギューという会社のパラトルーパーと呼ばれるシリーズのバイクに一目惚れしました。

 

f:id:HYUG4:20170715140728j:plain

 

このバイクは先にも言ったようにトップチューブに折りたたみ機構があり、フルサイズながらも輪行するのに手間も少なく、尚且つ米軍使用モデルが元となっているので堅固性もあると思いこれで何処までも走ってみようと思ったのです。

それでこれまで総計約2000キロを走ってデメリットとメリットを上げてみました。

 

デメリット

走行時の(燃費)コスパが悪い

タイヤがシュワルベのマラソンなど細身のタイヤを履かせてやればこれはまた別の話になると思いますが、

購入した状態のオフロード用タイヤでもロングライドは出来ました。

SCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】マラソン 700×28c クリンチャータイヤ 【ツアー・ツーリング・街乗り】

 

【送料無料でお得なタイヤ2本セット♪】SCHWALBE(シュワルベ) タイヤ MARATHON(マラソン) 16×1.35 (ETRTO:35-349) BROMPTON ブロンプトンのタイヤ交換にオススメです。【送料無料・北海道、沖縄、離島を除く】

 

しかし、やはり他の自転車に比べるとマウンテンバイクはケイデンスを上げてもスピードはなかなか乗りません。

加えて、前輪にサスペンションも入っていること、車体が小さい事でスピードが乗らない要素もいくつかあるのでマウンテンバイクでロングライドするのは少し覚悟が必要でしょう。ほぼ同額でジャイアントのクロスバイクが買えてしまうのでよっぽどの好き者でなければそちらを選択したほうがいいかもしれません。

R)Giant(ジャイアント) GREAT JOURNEY(グレートジャーニー) ロードバイク 2015年 XSサイズ

【Sale/中古】R)ジャイアント Giant グレートジャーニー GREAT JOURNEY SORA 2015年モデル アルミ ツーリングバイク XSサイズ ゴールド

 

 

ディスクブレーキのパッドの交換費用が高い

このバイクに使用しているブレーキは良くあるVブレーキではなくディスクブレーキと呼ばれる車と同じ仕組みのブレーキを採用しています。

加えて、シマノという会社の製品であればロードバイクなどを置いている自転車屋さんであれば摩耗したら交換するブレーキパッドも大抵は置いてあるのですが、このバイクはシマノ製では無く、お店で購入しようとなるとメーカー発注となるので手に入れるまで時間がかかります。

なので、楽天Amazonなどを使って個人輸入したり輸入代理店から購入するのですが、長持ちするメタルのブレーキパッドだと前輪だけでも二千円するので中々痛い出費です。

なので、前輪だけでもVブレーキに変えてしまおうかとも考えています。

 

ちなみに、実際に購入して使用しているブレーキパッドはこちら


 

 

メリット

故障が少ない

恐らく、一般的なクロスバイクロードバイクよりはタイヤのパンク、キャリアの破損。など本体の故障というのは比較的少ないと思います。実際のところはまだまだ年月をかけて使っていかないとわかりません。

2000キロ走って道中で起こった故障は、

パンク一回

チェーンアウト複数回

シフトギア飛び 現在進行中

フレーム塗装傷 一箇所

キャリアが勝手に外れる 数回

ブレーキパッド交換 二回

 

1000キロ走った時点でシフト、ブレーキワイヤー、チェーンの交換をして、定期的なメンテナンスをする事で道中で突然不具合が起きるという事を防いでいます。

定期メンテナンスは忘れずに。

 

やっぱり折りたためること

このメリットのメリットは

・折りたためることでヒッチハイク、電車や飛行機での輪行など、旅のルート計画の選択肢が広がります。

正直に言うと、あるていど自転車を組める人であればクロスやロードでもクリアできる要素ですが、レバーを引いてタイヤを外すだけで簡単に半分の大きさになるというのはズボラな私にとっては素晴らしいのです。

 

・二人用のテントであれば自分も自転車も雨に濡れずに一晩を明かすことができる。

これもバラしてしまえばクロスやロードでもクリアできますが、以下同文。

 

・しばらく使わなくなったときの収納時、場所を取らない。

通常、一畳分は必要なのですがパラトルーパーであれば26インチのタイヤが入る大きさのスペースであればOKです

 

・折りたたんでチェーンまたはワイヤーロックをかけておけば盗まれる要素も減る。

自転車を盗む人の心理として「1kmくらい先の駅まで、すぐに走れるような、道に落ちている、かぎが掛かっていない自転車」を探している人が大半です。

なのでしっかりと鍵をかけていて、組み立てなければならないようなめんどくさい自転車というのは「この自転車の価値がわかっている人間」か「鉄くずとして売りに出す」人なので少しだけ安心です。

 

追加パーツの購入が少なくて済む

これは後輪のキャリアの事です。

キャリアだけでなく泥除けとスタンドも兼ねているのでパーツを追加で購入する手間が省けます。

キャリアは純正品という括りになるので故障も少ないのではないでしょうか。

 

ミリタリー好きにはたまらん

好みの問題です。でもミリタリーな自転車というとパラトルーパー以外にはなかなかないのはないでしょうか 。

 

 

以上、私の愛車であるパラトルーパーの折り畳み自転車の紹介でした。

次回は北海道から東京までの自転車旅の実録の合間にバッグやキャンプ道具の紹介を挟んでいけたらいいなと思っております。

 

東京から北海道への自転車旅もnoteのほうで更新していきますので是非ともフォローよろしくお願いします。

 

 

note.mu

 

 

次:

calcium.hateblo.jp