骨の髄まで慯い

音楽馬鹿の節約生活

おそらく最初で最後の作品展示をした話

引っ越すこともあって

ワンルーム色々と収まっていたものを、捨てたり、あげたり、売ったりして片付けている

家賃3万とインターネット料金(管理費含め)2000円のワンルームの中に

これほどまでに荷物があったのかと少しびっくりしている。

たった3年間という期間だけど必要なものから必要じゃなかったものまで

こんなに溜め込むことができるのかと

 

 

一番近い出来事といえば、学校祭で映像立体作品の展示をしました。

 

詳しいヴィジュアルはタンブラーへ


hyuuga_work : https://vimeo.com/107045491 「pornography ?」 ...

高画質な映像はvimeoで


[R18の限界](「pornography ?」) on Vimeo

 

 

この作品は、展示会場の全体テーマが「18禁」とか現代アートよりのサブカル、エロ、グロとかだったので

私も先輩から人妻のDVDをたくさん借してもらって選定(音声がクリアか、喘ぎ声の大きさとか、画像の明暗など)した一枚を素材に、グリッジノイズをかけて作成しました。

一応、元の映像の音声にノイズの発生がリンクしているんですけど

出力が大きすぎて、それがわからなくなってますね・・・・・・。無念。

しかし、出力を小さくすると見えたらだめな部分が見えちゃうので

そのへんの調整が結構悩みました。20分くらい。

 

 

二日間の展示だったのですが当日の私は風邪を引いて寝込んでしまったので、まったくお手伝いできませんでしたが素敵な展示を作ってくれたり、写真まで取ってくれてほんとに助かりました。

半年前くらいから少しずつ実験してたことがこんな風に形にできてよかったです。

あとはもっと作品を作って発表していければいいのですが、環境が変わりそうなのでしばらく先になりそう。

最初で最後の作品展示かも知れないですね。

 

もうひとつ、試したいこととしては映像出力を複数分裂して複数の画面でみせたらカッコいいんじゃないかと思ってます

ただ、それにはコンプかけないと足りなくなるとは予想しているので、出力を分ける装置を秋葉原で見てみたら結局はAVミキサーの逆バージョンなので高いのなんの。

・・・・・・。

あんまりこういうことはなすと良くないっていうのはナムジュン・パイクの本を読んで理解しているのでここで打ち止め

ビデオアートなんて今の時代はタネアカシしちゃえば誰でもできますから。。。