読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

骨の髄まで慯い

音楽馬鹿の節約生活

テレビにノイズを流す実験?中間結果

音楽

いつものようにトラックを作っていたときに

ふと目の前にあるアナログテレビの存在に気が付いた。

 

▼いつもの作業場

f:id:HYUG4:20140214173505j:plain

 

 

なんとなく、このアンテナがつながっていないテレビの画面が動いたりしないかな。と思って

シーケンサーとテレビをつなげてみた所、こうなった▼

(動画は音が出せます)

 

単純にシーケンサーのヘッドフォン端子からでた音声を拾って光っている。

 

おとの長さ⇔短さ、音の高さ⇔低さによって ノイズのような光の形は変わっていた。

音色による画面変化はそこまでない。

 

画面変化をさせるのに大量の出力がいるようで

このままスピーカーやヘッドフォンでモニターすることが出来ないので

音声の方はミキサーにつなげて音量の調節をする必要がある。

 

▼スピーカーがないのでヘッドフォンからの音を出して形にしてみた動画

 

 

その後、この動画を思いだした。

 

この動画のようなことを何とかできないかと思い

まずはベースからでた音と同期できないかを試みた。

これは簡単だった

 

どうやらモノラルしか反応しないようで

Rに音を振れば反応させないということもできた

さらに、そのR(上動画だと赤い端子)を音声入力に指すことでテレビのスピーカーからも音が出せるようになった。

 

 

次に、もうひとつ映像信号を取り入れて、その上にノイズを乗せることが出来ないかと考えた。

いま使っているアナログテレビは、映像と音声入力が前と後ろに二つあったので

後ろの映像端子にゲーム機の端子、前をEMXからの端子を指してみたのだがうまくいかなかった。

どうやら片方だけからしか入力してくれないらしい。

 

そこで、

テレビの映像端子が片方だけしか反応しないのであれば、途中で増やすことで映像を混ぜることが出来るのではないかと考えて、

映像入力を分岐させる二股コードと、上記まではLRが一本セットのコードを使っていたのでモノラルだけのものを買ってきた。

 

結果をいうとこの読みは当たり、うまく重なってくれた。

 

上の動画ではゲームの方の音声をテレビから出力し、

シーケンサーの音声はミキサーで音量調整したものをヘッドフォンから出力している。

映像端子については下の画像の通り。

 

 

今後について

 

機材的にCDなどの記憶メディアからの映像しか組合わせられないので、

VJソフトのように多数の映像を切り替えられるようにしたい。

➡USB、HDMIから出力は可能か?➡ソフトの開発?

 

手持ちのテレビでしか確認していないので他の機種でもできるのか確認する必要がある。

 

映像作品としての形にする

 

以上。