読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

骨の髄まで慯い

音楽馬鹿の節約生活

2013年で一番聞いた曲

2013年。

本当にいろいろあったなーと感じる年になりました。

色々な楽曲から色々な衝撃を受けて、色々とアウトプットもしてきました。

そこで、感謝の意も込めて私のiPodで一番再生していた好きな曲を5曲だけ紹介していきたいと思います。

 

 

1. ラストダンス

      by 。、。ゞ (charlot_bn) on Twitter

http://charlotontheweb.com

実に1年2ヶ月ぶりとなる新曲。『Out of Orbit』収録の「星にねがいを」でもヴォーカルをつとめた ざびえる 氏を迎え制作された無料シングル。デモヴァージョンとリミックスヴァージョンを収録。マスタリングは Gold Panda 、 Johnny Foreigner などを手掛ける Tom Woodhead 氏。

 

 シャルロさんという方は ALTEMA RecordsのOut of OrbitというEPをちょろっと聴いて知ったくらいでした。

そのEPに収録されている曲を聞いた限りでは不思議だけれど透明感のある音を作る方だと思ったのと、最期に収録されている”星に願いを”という曲で「こんな哀愁漂う素敵な歌モノも作れる方なのか!」とびっくりした記憶があります。

 そんな印象のまましばらく過ぎ、この”ラストダンス”という新曲シングルが出たようなので聴いてみたところ、

素敵なメロディとビートが”星に願いを”と同じボーカルのざびえるさんの声に絶妙にマッチしていて素敵な曲で、完全に一目惚れでした......

 

 

2. Fall Back

      by Factory Floor(ファクトリー・フロアー

ゲイブ・ガーンジー(ドラム)、ドミニック・バトラー(シンセサイザー)、ニック・コルク(ヴォーカル・ギター)による2009年に結成されたロンドンを拠点にする三人組。ミニマルとアシッドグルーヴ!待ちに待った新世代パンクディスコバンド!あとニック・コルクはかわいい!

electraglide2013に行く時、事前に出演アーティストの曲とかを探してた時に見つけました。

こちらも完全に一目惚れで、こんなに攻撃的でいてどこか冷徹なビートを作る三人組がいたのか!と衝撃を受けました。

もちろん生演奏を見たときはやばかったです!ニック・コルクはかわいい!

……じゃなくて、演奏している彼らは結構淡々とやっていたのですが音が攻撃的でリズムが単調なのでディープなサイケを聴いているときのトリップ感を堪能できました !

日本限定コンピアルバムを出したり、イベントでの来日も多いので日本好きなのでしょうか?今後も追っかけていきたい注目バンドです

 

3. ∴∵∶∷ 見 つ か っ た 十 年 ∷∶∵∴

      by ©OOL JAPAN (cooooooljap) on Twitter

インターネットに突如現れた正体不明のアカウント”COOL JAPAN

彼(彼女?)の80、90年代を軸としたサンプリンのvaporwaveサウンドはさらに謎を深めるばかり。

 

 突如、Twitterとbandcamp上に現れた、COOL JAPANと名乗るアーティストの第二作目のアルバムです。

 このアルバムは神戸市在住のトラックメイカー/DJ、tofubeatsさんのメジャー・デビューCD”Don't Stop The Music”の発売記念っぽい感じで発表されて、(推測です)

曲のサンプリング素材もtofubeatsさんの曲やLIVEの音声だったり、とにかく”tofubeats”+”cool japan”=最高!って感じのアルバムですごく好きです

 気になる処の、彼の正体についてはいろいろとわかってきたところもあったり、なかったり……

次の素晴らしい曲を待ち望んでます!

 

 

4.Lettuce Party

     by Negami (djnegami) on Twitter

 

 安定のクオリティと信頼のペースでサウンドクラウドにミニマル、ディープハウス、テクノミュージックを送り出すトラックメイカー/DJ

この曲はレタスの咀嚼音をサンプリング素材をもとに、スネア、クラッシュの音など、あらゆるビートの音を作り上げたという。

常識では考えられない発想と技術に衝撃を受けた

本当は水菜の咀嚼音を元にしたものを上げたかったのですが削除されてしまったようですので、代わりにこちらのレタスの咀嚼音の方にしました。

 

咀嚼音をキック、クラッシュやスネアの音に変えたりしようとも思わなかったですし、まずなんでそれをやろうと思ったのか……。

水菜の方はキックの音までサンプリング元からつくったとおっしゃっていたのですが、レタスの方もそうなのではないかと疑ってしまってきて……ここまで来ると、Negamiさんのつくる曲すべてが水菜のキック音で出来ているのではないか?と疑って聴き入るようになってきています。

 

 

5.ねぇトニー

 by BOOL.

今一番キテる音楽!”ポエムコア”! 

そのポエムコアを最深で発信する”POEM CORE TOKYO”の代表であるBOOLさんの作品。

ダークでアンビエントを感じるポエムコアの中でトラック、ポエム共に最も恐怖を感じる作品である”ねぇトニー”

 

 やっぱりこの方を入れるしかないでしょ!ってことでBOOLさんの”ねぇトニー”を選ばさせて頂きます。

これを最初に聞いた時は自分の作りたいポエムコアの雰囲気そのものでしたのでとても感動しました。

独特のふんわり感を残しつつ、ディープなトラックにポエムでちょっとした恐怖感をいれることで、よくわからないけど怖い芸術作品を見たときのような気持ちにさせます。

 

2014年は”ディープなトラックにポエム”という形だけでなく、もっと激しいノリノリのEDMにポエムが着くというよくわからないことになってきているので、もっと”ポエムコア”の風が来ると予想されるので皆さんも要チェックです!

 

 

-------------------->

と、いう事でまだまだいろんな曲を聴いて

もっと紹介したい曲もあるのですが特にコレ!というのを選ばせていただきました。

こう見るとやっぱりインターネット発の曲が多いですね。

私自身、なるべくCDを買いたいと思っている方ですが潤沢なお金があるわけではないのでクリックするだけで良質なサウンドが無料で聴けるというのは本当にありがたい時代です……

 

それでは2014年もいい音楽が発信されることを楽しみにしています!

良いお年をお迎えください!