骨の髄まで慯い

音楽馬鹿の節約生活

俺流カレー

f:id:HYUG4:20131006161300j:plain

 

材料:

  • 人参2つ
  • ジャガイモ4つ
  • 玉ねぎ2つ
  • 今回は豚ブロック肉
  • ファンネル・シード
  • クミン・シード
  • コリアンダー・パウダー
  • カイエンペパー・パウダー
  • シナモン・パウダー
  • ナツメグ・パウダー
  • ガラムマサラ・パウダー
  • S&Bカレー粉
  • にんにく

私は玉ねぎをあめ色に炒めて作るカレーを作れるのにモテません。

 

 

とにかく、結構簡単にカレー粉使わないカレーは作れる。

覚書として軽く書くと以下の通り。

  1. シード系とにんにくを最初に油で炒める
  2. ①が茶色になったら大量の玉ねぎ入れる。
  3. 少し茶色になったら塩コショウ(塩は多めに)
  4. パウダー系を適当に入れる(辛くしたければカイエンペパー)
  5. S&Bを入れてカレーっぽい色にする
  6. なんとなく気分によって片栗粉か小麦粉を入れる

        \\カレーの元が完成//

あとは、普通に肉と野菜を切って、炒めて、カレーの元と水と月桂樹の葉を入れる。

そのあとは隠し味のコーナー。以下は今まで入れたもの

  1. ソース
  2. まよねーず 
  3. インスタントコーヒー
  4. トマト
  5. ココナッツミルク
  6. チョコ
  7. 生姜

おすすめはソース。

これがないと、味が決まらないので必ず入れている。

 

市販のカレー粉には塩が入っているが、自作するとちょっと控えめになってしまうので最近はこれでもかというくらい塩を入れている。

ソースは野菜エキスとかのうまみ成分も入っているので手軽に美味しくなる。

マヨネーズもコクが出るのでおすすめ。

 

余談だが、私の家には炊飯器がない。

どうやって米を炊いているのかというと、

ふつうの調理用の鍋(テフロンはがれまくり)で炊いている。

 

一人暮らしを始めたころにはあったが、

ニトリの中古品炊飯器(¥1650)はすぐに壊れて、

永遠と炊飯モードになってしまう。

 

このままではずっとおこげを食べていかなくてはならないので、

グーグル先生に聞いたら、「鍋でもイケるし空き缶でも炊けるよ」と言われた。

じゃあ、炊飯器なんて要らないじゃん。

と思ったから、これまでずっと鍋で炊いてる。

 

結局、カレーもご飯も気持ちの問題で

なんとなく玉ねぎを炒めるところからやった方がおいしい”気がする”とか

なんとなく炊飯器よりも鍋で炊いた方がおいしい”気がする”。

 

もちろん、炊飯器を使った方が面倒くさくないし

市販のカレー粉を買ってきた方が材料を切るだけでできるので楽なんだけれど

それが無くても結果が同じなら、「別にいらないや」ってなった

 

そういう考えがもっと広まればいいのになーとも、少しおもう

 

以上