骨の髄まで慯い

音楽馬鹿の節約生活

折りたたみ自転車で北海道から東京へ。福島ー茨城編

calcium.hateblo.jp

 

 

 

 

f:id:HYUG4:20170717070324j:plain
原釜尾浜海水浴場の朝日

 

 

六時に自然と目が覚めるようになり、自転車旅の三日目にしてやっと慣れてきたらしい。

 

今日の朝食は無しなのでゆっくりと起きてゆっくりと準備をする。

辺りを見渡すと、早朝でも家族連れや若い人らが散歩や海水浴、釣りにやってくる砂浜で既に車も何台か停まっていた。

 

この辺りの人は自営業や不労所得者、または観光客が多いのか疑問をいだきながら雨に濡れたテントを片付け、まずは昨日の失敗を学習してトイレで水を汲んでおく。

電気もつかない中々に酷いトイレだったので一応、水の匂いを嗅いで少量を口に含む。少々カルキ臭がキツイが味は悪くない。多分大丈夫だろう。準備も整えたので、一先ずは温泉だ。

 

f:id:HYUG4:20170717074756j:plain

結構広い

f:id:HYUG4:20170717073815j:plain

よく見るようになる標語。最後の「レ」が示す意味が分からなかった。

 

 


一昨日に苫小牧から仙台へのフェリーで風呂に入ってから体を拭いたり水浴びをして誤魔化してきていたが流石に限界だった。ついでにサイクリングウェアの方は直で着ているので汗でペタペタになっているものを洗濯したかった。

 

調べると、二十キロ走ったところに温泉施設があるようなのでそこに向かう。ついた頃には陽も強くなり始めており、朝八時からの開店から二時間しか経っていないのにも関わらず駐車場は車で一杯だった。

ここで、なんでこんなに平日なのに満員御礼なのか気づいた。

そうか、シャバだと海の日という祝日だったのだ……。 

 

ひとっ風呂浴びて時間もすでに昼前だったので、そこでお昼ごはんを食べてから出るときには既に十二時半を回ってしまっていた。この段階で今日は無理はせず調整日にしようと決めた。

f:id:HYUG4:20170717112949j:plain

かつ丼。うまい

 


どうやら明日から雨になるとの噂に対して今日はカンカン日和。ここで距離を稼ごうと無理をして熱中症になってしまっても仕様が無い。
帰りは行きよりも走行距離が短い分、時間に余裕がある。そう言い聞かせて近くのコインランドリーへ向けてペダルを漕いだ

 

洗濯物も終えて濡れた衣類を荷台へ括り、あとは東京へ約二百キロを走るのみとなる。
洗濯物をしている間に今日の夕食用レトルトカレーも購入済みなので、日が落ちるまで走れるだけ走り暗くなったらその場でテントを張れる場所を探す、というイキアタリバッタリ作戦だ。


そもそも温泉と洗濯を終えた時点で昼の二時を回っており、今日は五十キロ程度しか走れないだろう。

f:id:HYUG4:20170717152926j:plain

途中で立ち寄ったビュースポット

f:id:HYUG4:20170717152715j:plain

f:id:HYUG4:20170717152812j:plain

 

 

水を飲めるだけ飲み、途中、小腹がすいたのでセブンイレブンでおにぎりと揚鶏を食べた意外には寄り道もしなかったのだが、ここからの道は非常に歩道が左右の片方にしか無かったり、どちらも無く幅が狭かったり、歩道があっても整備がされておらず草が伸び切った状態の道が多く予想よりも更に進みが遅くなってしまった。


もしかしたら六号線のこの部分だけはそういう道なだけで、他の道に変更していれば快適にペダルを漕げたのかもしれないが何れにせよ水戸から仙台に進むのならば郡山市福島市経由の四号線で行った方が良いだろう。

景色は次々と変わるので楽しいかもしれないが楽しむ余裕がなかった程に悪路で走りにくい。



そうこうしているあいだに日も傾き始めており、宿を探さなくてはならなかった。
使っていない畑の持ち主に一晩貸してくれないかと頼んだり、営業時間が間際のガソリンスタンドに交渉したり、歩道が広いならば一晩くらい……

と、色々と方法を考えたが結局の所、海沿いの小さなパーキングエリアの東屋をキャンプ地とすることにした。

 

 

f:id:HYUG4:20170718065318j:plain

f:id:HYUG4:20170718065404j:plain

ここをキャンプ地とした

 

国道から直ぐ入れる所なので車もビュンビュン通っていく上にヤンキー車両やバイクもチラホラと見えていたので、あえて入り口近くに堂々と構えて存在感を示す事で、こちらの存在の認知のみで終わらせるという方法に出た。

つまりは、「ここに居るのだから触れてくれるな」と言うことだ。


一昨日の相馬市の海浜公園では三階建ての津波避難塔の下に自転車を停めていたが私自身は一番上で寝ていたので、若い人らが二組ほど様子を見に上がってきた。

恐らく、下で積荷がある自転車を認知しただけでは此処に誰かいるという確証が得られないために興味本位で上がってきたのだろう。

今回はそれらの反省を活かすために、この様な行動に出ることにした。

 

勿論、私もそれをしている上でこちらに近寄って来る輩にはこちらも警戒態勢を取れるように準備をして朝を待つ。

 

 

何もなく朝日を拝みたい。

 

 

ORTLIEBバックローラーの修理をした

2017年の初夏に東京から北へ自転車で向かったとき、

初日にオルトリーブのバックローラーサイドバッグが壊れました。自転車の荷台の両脇につける防水仕様のカバンです。

f:id:HYUG4:20170716130254j:plain

 

少々穴が開くくらいならビニールテープで補強しておけばいいのですが、荷台(キャリア)と本体をつなぐプラスチック製の爪が割れてしまいました。

爪は上が二つ、下が一つで固定するのですが上の一つが壊れたのです。

当時は旅に出た途中だったので引き返すわけにも行かず、調整しながらだまし騙し使ってなんとか1000kmを走り切ったのですが、次の旅はどうしたものかと悩みました。

 

使用していた製品の下位互換もありますが、結局一万円は超えてしまう。

だったら、修理パーツを購入したほうが安いだろうと考えて、ネットで探してパーツを取り寄せました。

 

ORTLIEB(オルトリーブ) バックローラー クラシック ブラック 40L(ペア) サイドバッグ F530

 ↑使用していたもの。ぎりぎりまで粘って17000円で購入。

 

ORTLIEB(オルトリーブ) バックローラー シティ ブラック 40L(ペア) サイドバッグ 【並行輸入品】F5002

↑下位互換。上のものと違って自転車から外した時に使用する肩紐がありません。

 

 

その当時の様子についてはnoteのほうに掲載されてますので合わせてお読みください。

note.mu

 

 

ついでに札幌から東京へ向かう編もどうぞ。

calcium.hateblo.jp

 

 

 

続きを読む

折りたたみ自転車で北海道から東京へ。自転車の装備紹介編

f:id:HYUG4:20170717152926j:plain

 

 番外編1

calcium.hateblo.jp

 

本編

calcium.hateblo.jp

 

 

逆ルート

note.mu

 

番外編の2ということでハンドル周りのカスタムを紹介したいと思います。

基本的に装備品はAmazon.jpで購入してます。

価格も変動することもあるので購入した当時の値段を記載しておきます。

 

 

ハンドル周りの装備紹介

 

ハンドルバーバッグ

f:id:HYUG4:20170717152947j:plain

(フェアウェザー)FAIRWEATHER handle bar bag olive

 

ハンドルバーバッグは¥12,960+送料540円で購入したフェアウェザーのハンドルバッグです。

正直のところオルトリーブ製のものとまよったのですが、デザインとカラーでフェアウェザーを選びました。価格が4000円くらい安かった点も良かったです。

ORTLIEB(オルトリーブ) ハンドルバーパック F9921 スレート F9921 スレート

 

ちなみに色違いもあります。

(フェアウェザー)FAIRWEATHER handle bar bag brown 

 

この商品のいいところは 裏面が透明になっている部分があり、スマホや地図を入れることができるという点です。

f:id:HYUG4:20170727114429j:plain

一応、暴風雨には耐えられない程度の防水加工でした。

あんまり荷物を入れすぎてもブレキレバーに干渉してしまうので、私はマリンシューズとレインウェア一式とチューブ、医療品一式を入れていました。

 ロールアップ式ではない透明ビニールがついたバッグのほうは着脱ができるので、主に貴重品やサングラス、テーピングなどのこまごましたものを入れていました。

バイクを置いてちょっとした買い物に出るときは、このバッグだけを持っていくことができるので便利です。

 

おそらくオルトリーブ製のものよりも容量は入らないのですが、スマホホールド機能、

着脱式バッグとカラーリングが魅力でしたね。

やっぱり車体のカラーと合わせたいということもあったのでミリタリー色はうれしいです。

 

 

 

ドリンクホルダー

f:id:HYUG4:20170717152954j:plain

Blackburn(ブラックバーン) OUTPOST CARGO CAGE アウトポスト カーゴケージ 7056599

 

ドリンクホルダーはブラックバーンの二リットルペットボトルもホールドできるものを3130円で購入しました。 

このバイクはドリンクホルダーのダボが一か所しかないので500ミリリットルのボトルを保守するよりも大容量のものが良かったこと、

使用している水筒が1リットル容量のナルゲンボトルなので、普通のドリンクホルダーだと合わなかったことがこの商品を選んだ理由です。

 

 

しかし、付属の二本の裏に滑り止めゴムがついたストラップはあまり使い物にならないので、少し緩めに調整して真ん中にマジックテープを追加してホールドしてます。

ストラップで固定しているので取り出して戻すというのは少し億劫になりますが、そこを目をつぶれば使えるので良しとしています。

あと、車体の真ん中に二リットルや一リットルの重量が移動するので重心が安定するようになったので走りやすくなりました。

 

 

 

 

ライトとエンドバー

f:id:HYUG4:20170717153003j:plain

f:id:HYUG4:20170717153007j:plain

 

【正規輸入品】 FOGLIA(フォグリア) バーエンドバー ブラック

 

エンドバーはブログ徘徊やAmazonのレビューがよかったフォグリアのエンドバー1530円で購入し、内側に装着しています。

少し高いのですが、頑丈なアルミ製なのでトップのプラスチック部分が少し削れてきたことと、ロゴプリントが剥げてきたこと以外は大丈夫です。

ポジショニングとしてはあんまりよくないとはわかっていますが、私は親指をこのバーエンドバーにひっかける形でハンドルを握ると固定されるので内側につけてます。

ハンドルバッグをつけてからはちょっと邪魔です。

 

でも、あるのとないのとでは全然腕の疲労感が違うので、ロングライドを考えている人は付けることを前提としてみたほうがいいと思います。

 

 

【Amazon.co.jp限定】ジェントス LED 懐中電灯 【明るさ26ルーメン/実用点灯10時間/防滴】 単3電池1本で使える パトリオ6 GP-6BK

Bikeguy バイクライトホルダー(ライト別売り)

 

ライトはこのホルダー(536円)にジェントスの小さいやつ(886円)をサブとして装着

 

上画像の左ハンドルの端についているメインライトは自転車屋さんで3000円くらいの小さいUSB充電式のものを購入したのですが、アマゾンだと取り扱いがないみたいでした。

ネタバレになってしまいますが最終日に橋の上を通った時に川に落ちてしまったので、このライトは無くなってしまいました……。

そこで二代目としてこちらを購入検討。

 

12ヶ月保証期間 自転車 ライト MORECOO 自転車 LEDライト USB充電式 ソーラーLEDライト 4モード搭載 ハイモード /ローモード/ストロボモード/SOSモード 高輝度240LM ライトホルダー付き 防水仕様 取り付け簡単 台座改良型 (ブラック)

 

そもそも、日中しか走らないのであればライトはトンネルを走るとき以外はいらないので、メンテがあまり必要がないソーラー充電式のものを使用してみようかと考えています。

 

 

ハンドルバーにG-ショックの時計もつけていますが、その台座の元々はサイコンをつけていた台座でした。

でも不調で速度がうまく表記されていなかったり、MTBでのロングライドは速度よりも距離を重視するようになったので仙台に到着したときに電池を抜いて捨ててきました。

ソーラー充電と書いていたので購入したのですが、それも使い物にならない程度のソーラー充電なので安物買いの銭失いでしたね。

 

 

あと、後ろにはヘッドライトをベルクロで固定してテールライト代わりにしています。

2千円以下ながらも使い勝手が良くて気に入っています。

Litom LEDヘッドライト 明るさ168ルーメン センサー機能 防水仕様

 

 

以上、自転車の装備紹介編でした。

 

次はいくつも失敗してきた自転車のチェーンロックを紹介したいと思います。

 

 

良ければ、noteで連載中の同じ自転車で1000キロを走破した東京から北海道までのれ歩ブログもご覧ください。

note.mu